初心が大切!運転免許を取得後の心得

知って安心?免許取得後の心得について

免許を取った後の話

運転免許はその名の通り運転するための免許であり、日本国において運転してもよいと認められた証です。
同時にそれは運転免許を持つドライバーとしての責任も負うということでもあり、しかるべき手順と手続き、態度を取る必要があります。
それは車に乗るうえで準備しておくことであり、車に乗っている最中の心がけでもあります。
具体的には各種保険や保障への加入手続きであり、更に車を自分で所有するのならば購入に際して駐車場を確保しておくことや車検などの車自体の安全性の確認、初心者であるならば当然初心者マークの掲示であり、何より交通法規を遵守し安全な運転をするという心構えが必要です。
当然のことですが違反や事故を引き起こすと、免許の停止や取り消しという事態に陥ります。
実際に免許停止件数は2019年では21万1331件、免許取り消し件数は4万31件にのぼり、少なくない数のドライバーがせっかく手に入れた免許が使えなくなる状況を招いてしまっています。
どれもきっかけは一時停止や周囲の確認ができてなかったり、ちょっとしたスピードの出しすぎだったり信号の無視などほんの些細な油断や慢心が原因となったものばかりで、運転する上でしかるべき気構えを持っておくということは何よりの事故防止につながります。
常に安心安全運転を心がけ、交通ルールを遵守することは運転免許初心者に限らずドライバーとしての最大の義務であることを忘れないでください。

TOPへ戻る